スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

流浪の民 ”生きていてください”

 流浪の民 -生きていて下さい

 エコキュートの被害で、自宅を離れたにも関わらず、運悪く、転居先近くにエコキュートが出現し、再転居となった方がいらっしゃいます。いったん低周波音症候群となれば、低周波音に対し敏感となります。そのため、いろいろな人工物による機械音の蔓延する都市部では転居するにも、なかなか転居先を探し出すことが困難です。 

 私は、今、集合住宅に仮住まいをしていますが、集合住宅を選んだのは理由があります。それは戸建て住宅の立ち並ぶところでは、いつ隣家が、解体・新築をするかわかりませんし、リフォームや給湯器の交換でエコキュートやエネファームがいつ導入されるかわかりません。しかし、大きな団地群の中央部の1室なら、たとえ周囲で工事があろうと、その影響は受けにくく、安心して住めるかもしれないと思いました。家を探すときの、あの心細さをもう味わいたくありませんでした。だから、仮住まいから仮住まいへと家を転々とせざるをえない被害者の方の不安と辛さを考えると心が痛みます。長年住んだ、愛着のある家を離れるだけでも、辛いことですが、避難先に慣れる間もなく、また家を探し、疲労困憊した肉体で転居準備をしなければならない状況は本当にお気の毒です。

 私は、希望を持って、新たな家に転居をしたのではありません。ここは安全だろうか、いつまで住むことができるのだろうか、我が家にはいつ戻れるのだろうかという不安を持ちながら、最低限の荷物で、一日一日、生活をしています。自然界のヤドカリのように、敵から身を隠して生きていくような警戒心を常にもっています。私は、ヒトのはず。法治国家に住み、税金を納めて人権が守られているはず。でも、この国は私をヤドカリにしてしまった・・・・。 
                 
 今、家財の多くを自宅に残したまま、高層住宅の最上階に住んでいます。車のアイドリングも聞こえず、安心といえば安心、ある意味、合理的でシンプルな生活かもしれません。しかし、この住居に転居して、半年間で目の前の最高層住宅から2件の飛び降り自殺がありました。以前、自死を考え、高層住宅を見上げていたときは、それでもエレベータに乗って、上階に行くのに時間がかかり、その間に考えなおすこともできたでしょうが、今は衝動的にすぐ実行できる環境です。廊下もベランダも手すりには近寄らず、距離をとって、下を覗かないと心に決めています。この部屋で、もし、低周波音が出現したら、もう、それだけでもう絶望してしまい、命を絶つ誘惑に駆られてしまうかもしれません。それほど、あの2か月半の低周波音に曝された日々は辛いものでした。

 また、いろいろな事情で、低周波音の家から離れることができない方もいらっしゃいますが、なにとぞ生き延びてください。何もお力にはなれませんが、あなたのことを心配しております。人として善良に生きてきた私たちなのに、健康的に文化的に生活するという基本的な権利さえ認められない、こんな世の中で、発作的にひそかに死ぬのは嫌です、悔しいです。思い切り、世の中に私たちの被害を訴えて、世の中を変えていきましょうよ。
スポンサーサイト
2011-11-15 23:12 : 雑感 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム

プロフィール

spiranto

Author:spiranto
FC2ブログへようこそ!

「NPO法人STOP低周波音被害」に所属

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。