FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

「ある風車被害者の独白」20 追記③

故谷口愛子さんの「記録ノート」について語る会

 

2018113日は谷口さんの3回忌で、17日に和歌山市のフォルテわじまで谷口さんの遺した風車被害の記録を読む会が開かれましたので、私も神戸から参加し、谷口さんから届いた書簡と「ある風力被害者の独白」とを持参し、参加者の方に閲覧していただきました。

谷口さんのノートは亡くなる直前まで綴られて、20冊ほどあるそうです。そのうちの約半数がご遺族のご厚意により「風力発電の被害を考える会 わかやま」に貸しだされ、会員等で回し読みをし、生前の思い出や、読後感を語り合いました。

 ノートは几帳面な字でびっしりと書かれていました。谷口さんは快活で、誰とでも気安く打ち解けられる、コミュニュケーション能力の高い方でしたので、静岡県や愛媛県、山口県の風車被害者の方、そして各方面の専門家や支援者の方々と幅広い人脈を築き、信頼関係を結んでおられました。谷口さんは、この被害に遭わなければ知るはずがなかった人とも知り合いになれたと、よく仰っていました。風車被害は、谷口さんの晩年を辛いものにしてしまいましたが、谷口さんはご自身の被害の解決だけではなく、被害周知と被害未然防止のために活躍されました。

ブログ5



今、紀美野町、有田川町、紀の川市、海南市という広範囲にわたる地域で4500W 43基の建設計画があり、それぞれの地域で建設に反対する住民運動が行われています。「
風力発電の被害を考える会 わかやま」がDVD風力発電の羽根の下で)を使って勉強会を始めたそうですが、谷口さんを始め被害者の皆さんの切実な訴えが住民の気持ちを動かし、住民の方々が熱心に活動されるようになったそうです。そして、谷口さんの記録ノートをぜひとも読んでみたいという強い要望があって、今回の会は実現いたしました。

以下は地元紙のわかやま新報の記事です。


ブログ8

スポンサーサイト
2019-01-21 08:45 : 未分類 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

spiranto

Author:spiranto
FC2ブログへようこそ!

「NPO法人STOP低周波音被害」に所属

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。