スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

低周波公害ハンドブック (35)周囲を固めよ

 

低周波公害ハンドブック 

見捨てられた被害者のためのQ&A

医師 汐見文隆

より転載しています。転載には許可を得ております。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


35)周囲を固めよ

 

記録の次に低周波公害被害者がやることは何ですか?

 

 公害闘争は戦争です。戦いに勝つにはできるだけ味方を集めることです。これに対し、敵は相手の公害源だけではありません。行政も他の第三者も、むしろ敵側と思っておく必要があります。

 

 その中で戦いに勝つためには、周囲を固める必要があります。夫(あるいは妻)や家族が信じていないのに、外部の人に信じてもらおうというのは到底無理です。

 

 個人差がひどい関係で、わからない者にわからすことは無理ですが、自分が苦しいということだけは、家族にしっかりわかってもらう必要があります。「私はどうもありません。アレだけがギャアギャア言っているんですわ」では、負けです。

 

 それよりもっと大事なのは、近所に同じような被害者がいないかを調べることです。同じ被害者が他にもう一人でもおれば、戦力は十倍にもなります。もっと3人、4人、5人となれば百人力。戦いは極めて有利になります。もちろん、もう感覚異常者、精神病者に扱われることはありません。

 

 医学の世界では、非常に珍しい病気が発生した時、一人だけではなにも言えません。しかし同じ状況下で、珍しい病気が2人発生すれば、その状況が原因である可能性が高いとします。そしてもし3人発生すれば、その状況が原因と断定してよいとしています。

 

 同じような被害者が、自分以外にも近所にいるということは、それほど大切なことです。複数化は客観化なのです。

 


下線部補足 by 管理人

 

   工場被害であれば、近所に複数の被害者が存在しますが、小規模店舗機器や家庭用機器の場合は、直近のお宅だけの被害であることが多いものです。家庭用機器は全国的に普及しているので、同種の機器で起こる被害例が参考になります。その被害例を各人が消費者センターに届けることで、事故情報データバンクシステムに被害が集積されますから、あなたもまず、消費者センターに届けてください。

   小規模店舗の場合は、業種が多岐に渡るので加害源の種類が多くなりますが、空調機など共通のものもありますし、消費者センターに届ければよいかと思います。業務用は家庭用よりも出力が高くなるので、当然、被害も大きくなるはずです。

 



  

 戻る

 

 

 

  

スポンサーサイト
2017-03-14 13:58 : 低周波公害ハンドブック : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

spiranto

Author:spiranto
FC2ブログへようこそ!

「NPO法人STOP低周波音被害」に所属

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。