FC2ブログ

エネファーム大阪裁判2

エネファーム大阪裁判1には次のように記しました。

「今までの被告側の準備書面や証拠でも、代理人の不勉強は明らかで、大企業(積水ハウス、大阪ガス、東芝燃料電池)でも馬鹿げた反論、まるで現場の営業レベルで聞かされるような反論でしかなく、裁判なら、もっとましな議論ができるのではないかと思っていた原告らには拍子抜けしてしまうようなものでした。」

これについて、補足します。先日、ツイッターで知った記事で大いに納得することがありました。

今中哲二氏インタビュー〈飯舘村長泥地区をフレコンバックの最終処分場にするな〉(聞き手=佐藤嘉幸) p2に次のような記述があります。
「・・その時に東京電力の弁護士から、反対尋問のかたちで質問されたんですが、『今中先生の作成された図は、目盛りがおかしい』と言われたことがあります。彼の言っていることが、最初よく理解できなかったんですが、簡単な話で、(東電弁護士は)対数を理解できていなかった。唖然としました。結局、ブレーンもいないんですよ。東京電力は、そういう弁護士をいっぱい抱えているんだと思います。サイエンスをきちんと理解できる専門家がいないから、そういった馬鹿げたことで突っ込んでくる。」「ADRもそうだけれど、裁判というのは方便の世界であって、サイエンスの世界ではありませんから」

 弁護士には文系の方が多いようですが、対数軸も知らずに、平気で自信たっぷりに専門家に反論したのですね。その度胸に感心です。確かに、弁護士は立場上、何もわからなくとも反論しなければならないのかもしれません。弁護士が十分勉強したら、被害者側の専門家の正当な主張を理解し、被害を認めざるをえなくなってしまいます。相手の土俵で戦うことの不利を考えると、「科学のど素人」に徹して、度胸だけで済ませるのがBESTなのかもしれません。だから、「不勉強」というのも相手方の方策だったかもしれないと気づきました。

 当方の裁判で、被告側は準備書面を担当弁護士が作成したのでしょうが、事業者側に専門知識のある社員がいれば、あのような馬鹿げた準備書面にはならなかったと思います。弁護士も事業者の法務部にも専門知識を持つ人はいないのでしょう、「馬鹿げたことで突っ込んでくる」ことが多く、反論するのもアホらしくなってしまったことも一度や二度ではありません。特にSハウスの弁護士は、荒っぽい論理展開に短絡的な主張など、言葉を失ってしまうほどの品の悪い準備書面を出してきました。何か面白いことを紹介したいと思いますが、大量の裁判資料から探し出すのも面倒で、またそのうちにということにします。

 当方代理人弁護士の方は「裁判官は文系が多いので、できるだけわかりやすく」を心掛け、細やかな注意を払って準備書面を書いてくださいました。しかし、準備書面や証拠には多数のグラフを使用しているので、裁判官にどの程度、理解してもらえるのか不安に思っています。特に、年度途中の土壇場での裁判長の交代は予想もしておらず、これまでの経過を知らない裁判長がしっかりと事件の本質を掴んでくれるのかどうかが気がかりです。




スポンサーサイト



2019-04-08 10:22 : 未分類 : コメント : 1 :
ホーム

プロフィール

spiranto

Author:spiranto
FC2ブログへようこそ!

「NPO法人STOP低周波音被害」に所属

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR