スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

なぜ家を追われるのか

産経ニュース「『人生が落ち着くかと思った』 飯館村にはすべてのものがあったより引用

「『いまだに仮設住宅に住むことになるとは』 福島県飯舘村から避難している女性がそう話していた。東京電力福島第1原発事故から2年半が過ぎた。さまざまな問題が解決されないまま時間だけが過ぎていった。今年も残すところあと4ケ月弱となり、また厳しい冬がやってくる。」

 


 私が被害に遭ったのは2010年12月25日。それから、2か月を経て、私は避難先を決めた。その契約手続きで外出した2011年3月11日、 通りがかった駅前のショッピングセンターでTV各局が一斉に東日本大震災を報じていた。言葉にならぬ、凄まじさであった。 画面に釘付けになる人々の中で、私も息を飲み、立ち尽くした。

  田畑や住宅地に押し寄せる津波、濁流に流される家や車、・・・、現実とは思えぬ光景を映し出すTVから離れ、 私は帰途についたが、わが町は普段とは何も変わらない。なぜ、こんな平穏な町から、私が自宅を離れ、避難しなければならないのか。問題は低周波音である。低周波音のために私は自宅を捨てることになった。しかし、津波や地震、火災とは違い、 この「静かな音」の残虐性、暴力性について周囲の理解を得るのは難しい。

「静かな音」は「黙殺の音」。それに私はこの家を追われたのだ。天災であれば、まだ納得がいく、まだ受け入れられる、とまで思った。 隣家の機器による被害。たった一軒の家の生活の利便性により、私は家を追われた。

自宅を離れて2年半が経つ。

「いまだに避難先に住むことになるとは」 「さまざまな問題が解決されないまま時間だけが過ぎていった。今年も残すところあと4か月。」 と、飯館村から避難している女性が語るが、私も同じ状態である。

  放射能と異なり、低周波音の恐ろしさに世間は無理解であり、普通の、善良であるはずの市民が加害者となりながら、 その非を認めようとはせず、罪もない被害者の隣人を苦しみに突き落とす。

スポンサーサイト
2013-09-07 23:07 : 低周波音 : コメント : 0 :

あるエコキュート被害者からの手紙

「私ども夫婦と娘一家4人は低周波音難民です。

 2012年5月24日に隣家がエコキュートを設置しました。そして我が家に健康被害がやって来ました。ヒートポンプと貯湯タンクから低周波音が出て、私、娘、孫二人が辛い思いをしています。

 症状として、両耳(内耳、外耳)から耳下肩までの腫れ、吐き気、頭痛、耳の後ろの骨にも痛みが走るのです。夜も何度も目がさめます。57kgあった私の体重も50kgになりました。機械の稼働時は体ごと低周波音を浴び、胸がしめつけられ、呼吸もおかしくなります。

自宅におれず娘一家は市内のマンションに転宅しました。

 私どもはこの地に50年住んでいます。隣は前の持ち主が手放された後、2軒細長い住宅がたちました。26年お互い様の付き合いをしていました。エコキュートを移動してほしいと話合いもしましたが、一方的に話合いを打ち切られました。

 兵庫県弁護士会の和解斡旋も申請しましたが、隣は話合いにも出席しませんでした。

  国の消費者庁の消費者安全調査委員会がこのエコキュート被害問題で昨年10月から動きだしました。被害は全国に広がっています。こんな理不尽なもらい公害に苦しんでいます。」

2013-06-21 00:51 : 低周波音 : コメント : 0 :

建築ジャーナル9月号


建築ジャーナル9月号で「スマートハウスのもたらす大きな代償」が特集されました。
被害者3人が、それぞれの体験を投稿しましたので、ご一読くだされば嬉しく思います。  

“苦情は「あなた一人ではない」 エネファームの健康被害の現実” 

     1 借家の立場からストップ・エネファーム被害!
        ・窓を開けて生活できる環境に戻して
        ・技術対策がとれない!? 「エネファーム」

    2 エネファームと国の補助金がもたらした健康被害と家庭崩壊の危機
       ・住み慣れた自宅を去る苦しみ

    3 エネファームは第2の原発か?
      ・「ウィーン音」と異臭で一年中、窓が開けられない
     ・広がる低周波音被害  -排気ガスや排熱の被害もあり   

建築ジャーナルは年間購読となっていますが、ジュンク堂、紀伊国屋など、大きな書店の店頭で購入することも可能です。

2012-09-06 00:54 : 低周波音 : コメント : 0 :

地獄化する我が家

今まで、平穏な生活を送っていた住民が、突然、苦しみに喘ぐ日々。元凶は“黙殺の音”低周波音。

ある民家の隣接地に建築された12室のワンルームマンション。各室ベランダに置かれた12機のエアコン室外機。
この室外機群が民家に向かって稼働し、その発する騒音と低周波音で民家住人は不眠症や不定愁訴に苦しむことになりました。

この複雑な社会のなかで、労働形態は昔とは異なり、昼夜問わず、入居者の入退室が繰り返され、常に何機かのエアコンが稼働する状況の下、民家住人は低周波音症候群を発症し、安らぎの場である自宅が地獄と化しました。そして、その地獄からの脱出は非常に困難を極めています。
 また、高槻市でも同様なことが起こっているようです。おそらく、各地で、このような建築が行われているのでしょう。民家に接する側に十数機の室外機という、非情な設置が。

高槻市におけるエアコン室外機からの騒音・低周波音による健康被害原因裁定申請事件(総務省 公害等調整委員会 現在係属している公害紛争事件より)

・ 申請人らが両側感音性難聴を発症したほか、不眠症、長期間の睡眠妨害による精神的・肉体的苦痛及び疲労を受けたのは、被申請人らの管理・所有する賃貸住宅に設置されたエアコン室外機12機から発生した騒音及び低周波によるものである、との原因裁定を求めた事件です。(平成23616日受付)



2012-09-02 23:20 : 低周波音 : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

spiranto

Author:spiranto
FC2ブログへようこそ!

「NPO法人STOP低周波音被害」に所属

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。